不動産査定を受けて所有している建物や土地を売却する場合はさまざまな方法の取引が可能なので
自分にあった方法を選んで柔軟に選んでいくことをおすすめしますが

建物や土地を取引する場合は数百万円から数億円という高額な費用が
一度の取引で動くことになるので、それを考えると慎重に取引は進めていきたいものです。

また、不動産査定で高額査定が提示されたからと言って
その金額で取引が絶対にできるとは限らないので
それを考えるとあまり不動産査定の結果を意識するのは良くないかもしれません。

業者を通して取引することが絶対というわけでもなく
今はインターネットという便利なツールを活用することによって
情報はいくらでも収集することができるようになっているので
それを考えると自分で取引をするという手段も
昔に比べるとやりやすくはなっていると言えます。

また、個人的に不動産取引を進めていこうと考えている場合は
できるだけ情報を事前に集めておくことが大切で
土地の売却を考えているので有れば
地価を知ることによってある程度は分かると思いますが
建物については細かい見た目などでも価格が違ってくるので
査定を受けてそこで提示される金額をベースに考えると良いかもしれません。

いずれにしても取引に失敗してしまわないためにも
不動産取引をする場合は
いろいろある取引方法を検討する必要があり
もし売り急いでいる場合は
業者に買い取りしてもらうようにしましょう。