所有している土地や建物を売却する場合に少しでも高値で取引がしたいと考えている人も多いと思いますが
そのためには個人取引という方法がベターとなっており
インターネットを活用することによって情報を集めることができるので
実際に個人取引をする人は増えています。

個人取引の場合だと自分で売価設定をすることになりますが
闇雲に金額をつけても売れるものが売れなくなってしまうので
先に簡易不動産査定を受けておいて、そこから売価金額を決めていくとよいでしょう。

簡易不動産査定というのはインターネットで簡単に概算を知ることができる査定のこと
利用についてはインターネット上に用意されている専用のフォームに情報を入力することによって簡単に行うことが可能で
実際にどれくらいの金額で売ることができるか知ることができます。

ただし、ここで提示される金額については
あくまで簡易の不動産査定なので正確性には欠けるという点に注意しなければなりません。
※より正確性を重視するのであれば訪問不動産査定などが必要になってきます。

いずれにしても建物や土地の取引をする場合は
トラブルが発生する可能性もあるので十分に注意する必要があります。

特に個人同士が取引をする場合には経験が浅い者同士だと
登記や書類作成で問題が起こることもあります。

そのような状態を避けたいというのであれば
業者に依頼して買い取りをしてもらうか媒介契約を通しての取引が推奨されます。