不動産査定を受けて所有している建物や土地を売却するケースにはいろいろあると思いますが
住宅やマンションを所有している場合は勤めている会社の都合によって
仕事を変える必要が出たというケースも多く
引っ越しが理由になって不動産査定を受けて売却することもあると思います。

引っ越しをする場合に不動産の売却を検討する場合は
できるだけ早い段階から査定を受けておくことをおすすめします。

特にローンが残っている場合はローンの残高よりも高額な金額で売却をすることができないと
取引をした後も借金が残り続けることになります。

また、引っ越しをする場合はそこにも別で費用が必要になってくるので
上手に引っ越しを進めてかかる費用を抑えたいものですが

引っ越し業者に依頼をする場合はお得なプランサービスなどを提供していると思うので
積極的に活用していくとよいかもしれません。

ちなみに少しでも費用を抑えたいという場合は
春の時期を避けるようにすることをおすすめします。

この時期は引っ越しをする人が全国的に増えるので
予約が取れなくなるようなケースもあります。

そのため、不動産の売却時期と言うのも一緒に考えていく必要があり
媒介契約や個人で売却を検討している場合は
すぐに売れるとは限らないので早めに売る準備を進めた方がよいでしょう。

直接的に買い取りをしてもらう場合は
事前に複数の業者に査定を受けてから売却先を決めることも大切です。