業者に対して所有している建物や土地などを売却しようとする場合に

査定を受けて直接買い取りをしてもらう方法もありますが
この方法だとかなり買い取り金額は下がる可能性があるので

時間に余裕がないという場合ではない限り
専属専任売買契約や一般媒介契約などを通して取引をするのが一般的です。

専属専任売買契約というのは
その業者でしか取引をしないという形態の取引方法となっており

専任売買契約の場合だと依頼する業者は一つでも
個人で買い手を探すという方法を取ることができましたが

専属専任売買契約になってくると個人での売買もできなくなります。

そのため、いろいろな可能性にかけて取引がしたいという人には不向きな取引方法となりますが

専属専任売買契約を引き受けた業者は
取引を成功させることで確実に自分のところに利益が返ってくることになるので
他の取引方法に比べた場合に熱の入れようが違うのが普通です。

どれくらいの金額で取引をすることができるかどうかというのは
不動産査定サイトを活用することによっても知ることができますが

不動産査定サイトにはいろいろな種類があるので比較して選んで行くとよいでしょう。

また、専属専任売買契約で無事に不動産取引が決まった後は
書類作成などの段階に移行しますが

この方法で取引をする場合は
ほとんどの手続きを業者側でしてもらうことができる一方で

中間マージンは結構な金額が取られるので
本来よりもかなり入ってくるお金は少なくなります。