不動産査定を受けてこれから住宅や土地を売却しようと考えている場合に
少しでも高い金額での売却を目指している場合は

個人的に売却する方法がおすすめですが
個人取引になってくると時間がかかってしまうことや
手続きなどが複雑なので思うように進まないことがあります。

そう考えると最初から業者に依頼して
不動産査定を受けて取引を進めていくという方が
いくらかメリットがあることもあります。

業者を通しての取引を検討している場合は
専任媒介契約という方法がおすすめで

この契約をすることによって
業者は力を入れて売却を進めていくことになります。

なぜ、専任媒介契約だと業者に熱が入るのかというと…

ズバリ!この契約による取引では一つの業者でしか依頼することができないためと言えます。

一般媒介契約だと
複数の業者に依頼をして売却を進めてもらうことができるため

あまり売却に力を入れないところが多いのですが
専任媒介契約だと自分のところでしか取引をしないと明示しているので
販売促進に力が入るというものです。

自分でも買い手を見つけることができるのも
魅力的な取引方法と言えますが

不動産査定で提示された金額通りに売却することができるかどうかは分からないので
場合によっては思った金額で取引ができないかもしれません。

ただし、業者に直接買い取りをしてもらう場合に比べると
高く売ることができる場合がほとんどなので

その点から考えると専任媒介契約のメリットは十分にあります。