売却しようと考えている不動産がローンの返済中というケースもあるかもしれません。

土地も建物も費用が高額なので購入する場合は大抵ローンを利用して購入することが多く
数十年という単位で完済に向けてコツコツ返済することが多くなっています。

ローンがある場合に不動産査定を受けて売却を進める場合は
先にローンを完済する必要がありますが

売却してその金額で残りのローンを完済することができるようであれば
先に完済をするのではなく、後から完済することも可能です。

また、不動産査定をしてみて
そこで提示される金額では残りのローンを完済することができないという場合は

ローンだけを残して売却するという方法もあるので
お金を借りている金融機関に相談をしてみるとよいでしょう。

土地や建物というのは地価によって決まる部分も大きいので
土地や建物を購入した時よりも価値が上がっているような場合は
売却した金額で十分に借金を返すことができるくらいだと思います。

借金の形にはいろいろありますが
お金を借りるということは返済するべきお金があるということにもなるので
できれば借金を抱えることなく取引をしたいものですが
特に建物や土地は財産の一つでもあるため
売却することで借金が残るような形にはしたくないものです。

不動産を売却する理由にはいろいろあると思いますが
まずは不動産査定を受けてみて売却するメリットがあるかどうかという判断をしましょう。