都市部に引っ越しをする場合などは
公共機関が近くにあるところを好んで入居先を決めていくという人も多いと思います。

近くに電車やバス亭があるとバイクや車を所有して無くても便利に移動することが可能で
通勤や通学が必要な人からするとかなりメリットだと言えるでしょう。

そのため、引っ越しする場合は公共機関が近くにあるところが人気になりますが
それだけ需要が多いということにも繋がってくるので
価値が相対的に高くなっている場合がほとんどで
家賃も割高になっていると思います。

マンションや持ち家を所有している場合にそれを売却しようとする場合に
公共機関が近くにある場合はそれだけ不動産査定で高値が提示される可能性があるということにも繋がってきます。

しかしながら、公共機関による価値の変動が与える要素よりも
建物の状態が不動産査定に与える要素の方が大きいことから分かりにくい側面もあります。

また、少しでも高く売りたい場合は
不動産査定を受けて業者に依頼するよりも
個人売却の方がより高い金額で売却できる可能性があるので
売り急いでない場合はインターネットで情報を集めて個人売却を進めていくのも方法としてあります。

不動産の価値というのは単に地価や築年数
立地条件だけで決まるのではなく
その時の需要や供給のバランスなどからも価値が変わってくることもあるので
需要が増える春先だと年間を通して高く売却できる可能性が高くなっています。