不動産取引を進めていくにあたって
最初は不動産査定を受けるという人が多いと思いますが

これによって自分が売ろうとしている
建物や土地の価値などを知ることができるので

個人的に売却しようと検討している場合でも
売価設定がしやすくなるメリットがあります。

個人で不動産取引をする上でのメリットとして

・自分で自由に金額を設定して売却することが可能であるという点
・業者を介していないので業者に対する手数料が発生しないという点

…が挙げられます。

現在ではインターネットの仕組みが普及したことによって
より個人取引がしやすくなりました。

ちなみにインターネットの普及は個人取引を促すだけでなく
不動産査定を受けるのも便利にしました。

必要な情報を入力するだけで
すぐに査定を受けることができるのはかなり魅力的と言えるでしょう。

その一方で個人の不動産取引にはリスクもあるので
注意する必要があります。

特にトラブルが多く発生するものなので
取引する金額があまりにも大きいような場合や

個人取引に不安を感じる場合は
法の専門家に依頼して仲介してもらうことをおすすめします。

法の専門家に依頼するだけであれば
業者を通して不動産取引するよりも支払う金額は少ない場合がほとんどですが

少しでも費用を抑えた取引という点で考えると
あまりメリットがあるようにも思えません。

業者に通して取引をする方が
登記など面倒な手続きなどがカットできることを考えると

それぞれの取引方法には一長一短があります。