所有している建物や土地などを売却する場合は事前に
不動産査定を受けることをおすすめしますが

これを利用しておくことによって
どれくらいの金額で売ることができるかという
概算を知ることができるので
売価の目標金額などを設定しやすくなると思います。

また、不動産査定については業者に直接してもらわなくても
インターネットで簡単に受けることができるので
まずは不動産査定サイトにアクセスをして
手放そうとしている不動産の情報を入力して
売却の準備を進めていきましょう。

その際にアパートやマンションなど
より高い価値のある不動産を売却するというケースもあるかもしれませんが

そこで過去に事件があった場合や
犯罪に使用されたことがある場合は
価値が著しく下がり
査定通りの金額で取引をすることができなくなる場合があります。

特に深刻なのが不動産投資をして運用していた場合で
いわゆる事故物件と呼ばれる物件は
価値が下がるだけでなく
これまで入居してきた人が一斉に退去することもあるので
家賃収入を得ることができなくなり
大家や管理人は一気に負債を抱える状態になることがあります。

少しでもそのような状態を防ぐためには
すぐに事故物件を売却するという方法がベストになりますが
一般媒介契約や専任売買契約だと
すぐに売ることができないこともあるので
買い取りに対応している大手の業者に依頼して
直接的に買い取りしてもらって現金化することをおすすめします。