不動産査定に大きな関連性があるのが
地価と呼ばれるものですが

これはその場所の土地の価値でもあり
周りの立地条件などにかなり関連性があるのが特徴で

地価が高いほど高い金額で売却することが可能な一方で
購入しようとする場合も高額な費用が必要になります。

不動産査定を通してこれから所有している不動産の売却を進めていこうと考えている場合は
できるだけ価値が高い段階で売却することをおすすめしますが

地価は常に変動している要素ではあるものの
ベクトルは一定であることが多いので
下がり基調か上がり基調かを確認することが大切です。

地価はインターネットを調べることでも分かるようになっており
これまでの地価の推移がグラフ化されているようなサイトもあるので
これまでの変化を辿りながら判断するとよいかもしれません。

ちなみに地価と不動産査定に大きな関連性があるのは建物よりも土地の方で
建物については経年劣化や使用感などによっても価値が変動してしまいますが

土地についてはその場所だけに依存するので
地価との相関関係の対応が良いのが特徴です。

せっかく売却するのであれば
1円でも高く売りたいと思うのが人の気持ちだと思いますが

業者を通してからの売却になってくると
どうしても中間マージンが発生してしまうこともあって高値で売却することが難しいので

時間に余裕があるのであれば個人的に売却をするというのも選択肢の一つとしてあります。