所有している不動産がある場合に放っておくと
固定資産税の支払いが必要になるようなケースもありますが

「全く使用してない所有物に対して勝手に税金が発生して、それを支払わないといけないのであれば最初から所有しないのに!」という人もいると思います。

特に遺産相続で引き継いだのは良いものの
相続税や固定資産税などの請求が一気に来て借金を抱えるようになったというケースもあるように

単価が高いだけ課税される税金も高くなる一方で
現金が入ってくるわけでもないので財産が家計の負担を増やすこともあります。

不動産には色々な種類があるので一概には言えませんが
所有して税金の支払いに追われているような場合は

不動産査定を受けて売却を検討してみるというのも方法の一つで
実際に売却することでまとまった資金が手に入る可能性があることを考えると

所有して税金を支払うメリットはありません。

不動産査定を受ける場合は
業者に直接確認してもらうというのがこれまでのやり方でしたが

今はインターネットを利用することによって
簡単に情報を集めることができるようになっているので
安心して査定を受けることができるようになっています。

また、一括査定サイトなどを活用することによって
一気に複数の業者から査定を受けることも可能なケースがありますが

見てもらう業者が増えるということは
それだけ対応しないといけない業者が増えるということでもあるのでその点には注意が必要です。